選ぶポイント

業者が多いクレジットカード現金化:選ぶポイント2つをご紹介します

クレジットカード現金化を行っている業者は全国各地にあります。実店舗を持っている業者もあれば、すべての手続きがネットと電話のみで完了する業者も珍しくありません。業者が多いということはそれだけ選択肢も多いということになります。とはいえ、クレジットカード現金化を試した結果、トラブルに巻き込まれたという人もいるため、「これほど業者が多い中で、どうやって信頼できる業者を見つけたらよいだろうか」と悩む人もいることでしょう。では、信頼できる業者を見極めるポイントを2つチェックしましょう。

1つ目のポイントは「創業からの年数」です。クレジットカード現金化の実績が多ければ多いほど、信頼性の高い業者であるということができるでしょう。創業からほとんど年数が経過していない、あるいは公式サイトに社歴などが一切掲載されていないというケースでは注意が必要です。営業実績がほとんどない業者の中には、実際の還元率が事前に提示された割合よりも極端に低いというケースが少なくないのです。また、古物商許可証などの番号が掲出されているかどうかもチェックしましょう。この許可証があるということは、少なくとも自治体への届け出を行っている業者であるということの証明となります。ただし、悪質な業者になると架空の番号を掲載しているというケースがあるので、サービスを利用する前に自治体の専用ページで本当にその番号が登録されているのかをチェックすることをおすすめします。

2つ目のポイントは「手数料に関する詳細が提示されること」です。クレジットカード現金化に関しては、「還元率95%保証」「還元率98%可能」といった広告を掲載している業者が数多く見受けられます。とはいえ、実際に手続きをすると、キャッシュの振込手数料やクレジットカードの決済料金など、さまざまな手数料が引かれるため、90%を超える還元率で現金を受け取れるということはほとんどありません。ですから、申込を行う際には、「手数料の詳細について教えてください」「手数料を差し引いた後の還元率はいくらになりますか」と率直に尋ねてみましょう。そこで明確に手数料を提示してくれる業者は比較的信頼できると判断できます。一方、決済が完了するまで手数料の詳細を明らかにしようとしない業者は、あまり信頼のおける業者とは言えないでしょう。

業者が多いということは、利用する側に調査と判断力が求められるということを意味しています。「どこで手続きしても同じだろう」と考えず、じっくりと調査をすることで、より確実性の高い業者を見つけることができるに違いありません。