アマゾンギフト券と商品券はどちらが換金するのに向いているか考えてみた

アマゾンギフト券と商品券というのはそもそもは同じようなものです。
買い物が出来る店舗やお店を限定し、その代わりにお得なサービスや割引を提供するという仕組みはどちらも換わりません。

ここでいう商品券というのはデパート・百貨店などの商品券と考えてすすめていきます。
まずは商品券からですが、商品券は種類も多く認知度もとても高いです。故に近所の金券ショップや質店などでも取り扱われている可能性が高く比較的簡単に現金に換えることが出来ると思います。
しかし、商品券の種類が豊富ゆえに使える店舗がそれぞれ違います。各店舗ともお客様の囲い込みも含めているため某百貨店などでは毎月の積み立てにより、1年で満期となり1割増の商品券が手に入るようなサービスを提供していることがあります。
何より驚くのは、500円の買い物をしたときに1000円分の商品券で買い物をしたとしましょう、お釣りが発生しますよね。店舗によっては現金でおつりをもらえるところもあるんです。
わざわざ金券ショップなどに出向いて現金化するよりも、必要なモノを買ってお釣りを現金にしてもらったほうが断然お得です。
但し、この場合デメリットとして利用できる店舗に行くというのが条件として加算されます。
例えば地方にお住まいであれば色々な商品券がありますが一番条件の良い商品券を購入して利用しようとしたときに、お店までの距離が遠く気軽にはいけない場合は逆に経費が掛かってしまうかもしれません。
そう考えるとインターネットを利用したアマゾンギフト券の方がお得なのでしょうか。

ではamazonギフト券の方ですが、比較的簡単に購入することが出来ます。
購入も実店舗によるものと、ネットを利用したデータ上でのギフト券と種類は豊富に用意されています。
しかし、アマゾンギフト券はamazon公式サイトでは決して現金に変わる事はありません。たとえ、おつりが出てしまう場合もネットショッピングですからギフト券として1円単位で残るようになっております。

では、このアマゾンギフト券を換金したいと買い取り店を探したときに自宅のそばにあることはほとんどありません。
ですからインターネットを利用して換金することが一般的です。
そうなると自宅にいながら自身の口座へ希望により即入金させることも出来ます。
そう考えると急いでいるのであればamazonギフト券買取のほうがおすすめですが、時間があるばあいは商品券のほうがお得かもしれませんね。

ネットでamazonギフト券が安く売っていたら必ず確認して騙されないでほしい

アマゾンギフト券で買い物をしたり、アマゾンギフト券で換金しようと思ったときにギフト券専門の売買サイトやオークション、個人売買のサイトなどを利用したほうが良いなというのは誰しもが思うことだろう。
しかし、そんな心理を利用して騙してお金を取ろうと思っている人や業者も少なくはありません。
ですからそういったショッピングサイトを利用してamazonギフト券の売買を行うときは一層注意が必要となります。

例えばネットオークションなどでも破格の値段で販売されていることも珍しくはありません。しかし、そういった出品に入札を行うと跳ね上がったり、いざ入金してギフト券をアカウントに反映といったところでギフト券が残っていななど沢山の相談が実際にありました。
被害にあった場合は速やかにオークション窓口と最寄りの警察署まで連絡をすることが大切です。
特に、被害があった日時から時間がたてばたつほど解決には遠くなります。ましてや少額での被害などでは正直諦めるしかない場合もあります。
さらに警察署内でもインターネットでの被害対策と称して専門家を配備しているのですが、実際私も話しましたがあまり専門知識は無いようです。
全ての警察署とは言いませんが相当な知識がある人はサイバー対策課にでも行ってしまっていることでしょう。

アマゾンギフト券の買取などは専門の買取業者に注意するだけでなくギフト券の販売ルートなども注意が必要です。