amazonギフト券買取サイトの比較では入金までのスピードに注目

amazonギフト券の買取サイトを選ぶ際は、換金率だけでなく、入金までのスピードも重要になります。

即日で現金が必要なのに、入金が翌日にずれ込んでしまうようでは、あまり利用価値のあるサイトとは言えません。

そのため、買取サイトを比較する際は入金までのスピードにも注目してください。

商品券でもライブのチケットでも、金券ショップでの買取なら、その場で査定してもらってすぐに現金を受け取ることが可能です。

しかし、amazonギフト券の買取サイトの場合、実店舗ではない以上、現金を受け取るまでにタイムラグが発生します。

また、amazonギフト券が有効かどうかは、そのギフト券番号をアカウントに登録してみなければわかりません。

そのため、買い取る側としても、そのギフト券が本当に額面通り使えるのか、使用済みのギフト券ではないか、ということの判断に慎重にならざるを得ないのです。

そのため、たとえ即日振込を謳っている買取サイトであっても、入金が翌営業日にずれ込むということがあり得るのです。

したがって、買取サイトを比較する時は、そのサイトの宣伝文句だけを鵜呑みにするのではなく、口コミなどで実際に利用した人の声も参考にして決めましょう。

買取サイトよりお得な場合もあるamazonギフト券取引所

amazonギフト券を売りたい人と買いたい人が、安全に個人売買するためのamazonギフト券取引所と呼ばれる仲介サイトがあります。

amazonギフト券取引所は、ネット上に多くあるので目的に合わせたサイトが探せます。

amazonギフト券取引所では、売り手と買い手の取引が成立するまで、サイト側がお金を留保するので、安心して個人売買ができます。

「ギフトレ」「ギフティッシュ」「あるじゃん!」などのサイトが有名ですが、買取サイトにギフト券を売るよりも高い換金率での売却が可能です。その気になればギフト券の額面の98%で取引できる場合もあります。

なぜそんな高い換金率で売却できるのかというと、売り手が出品価格を自由に設定できるからです。

ただ、あまり高く設定してしまうと、買い手がなかなか付かないので、その時の相場に注目して適度な価格を設定するのがコツです。

98%では売れるまで時間がかかることが多いですが、93%ぐらいなら出品すれば即買い手が付くでしょう。

また、ギフト券にも売れ線というものがあって、1万円分や2万円分なら買い手が多いですが、金額が大き過ぎたり、8000円など半端な額面だったりすると、売れるまで時間がかかります。こうしたコツを知って利用すれば、買取サイトよりお得にamazonギフト券を売買できるでしょう。

銀行でamazonギフト券を現金化できるのか?

amazonギフト券は銀行振り込みで購入できるのでしょうか?また、銀行で現金に換えてくれるのでしょうか?

amazonギフト券は銀行振り込みで購入できる?

amazonギフト券とは、amazon.jpでの買い物に使える、バーチャルなギフト券です。
ギフト券を使用するには、ギフトカードの裏面にあるギフト番号をamazon.jpのアカウントに入力すると、チャージされて買い物ができる、という仕組みになっています。
amazonギフト券の購入はコンビニか、あるいはクレジットカード決済でしか購入はできません。

基本的に、銀行振り込みではamazonギフト券は購入できません。amazonのアカウントサービスの中にある、支払情報を見てamazonギフト券購入という部分から購入しましょう。

銀行で現金に交換できる?

amazonギフト券には有効期限があります。

それで、期限内に使えない場合、あるいはすぐに現金が必要になった場合などに手持ちのamazonギフト券を買取してもらいたいと思うでしょう。
amazonギフト券は、図書券や商品券と同じで、そのまま現金にすることはできません。金券ショップ、ネットショップなどで買取ってもらいましょう。銀行で現金に換金できると思っている人がいるようですが、直接現金に変えることはできません。金券ショップやネットショップで買い取ってもらう必要があります。

買取サイトを選ぶ時には手数料に注意

amazonギフト券の買取サイトは数多くありますが、そのなかには、クレジットカード現金化業から移行してきた業者が運営するサイトも少なくありません。

クレジットカードの現金化というと、法的にもグレーな部分が多く、悪徳業者が跋扈しているイメージもあるので、「そんな業者が運営する買取サイトを安心して使えるのだろうか」と不安に思われる方も多いことでしょう。

実際は、ほとんどの買取サイトが問題なくamazonギフト券を換金してくれます。
ただ、なかには高い換金率を示しながら、手数料という名目でギフト券の金額の数%を請求するようなところもあります。

「せっかく換金率の高さで選んだのに、実質的には平均以下の換金率だった」という声もよく聞かれるので、買取サイトの利用の際は、手数料までよく確認することを忘れないでください。

amazonギフト券の買取サイトは、クレジットカードの現金化のように、クレジット決済の手数料や送料、消費税などが不要なので、高い換金率で買取が可能なサービスです。

ただ、それでも100%近い数字を示すような異様に高い換金率のサイトには注意が必要です。100%近い換金率では買取業者は利益を得られないですから、現実的に不可能な数字のはずです。そのことを見越したうえで、適度な換金率の買取サイトを選ぶようにしましょう。

アマゾンギフト券の有効期限が切れちゃった

amazonギフト券を初めて知ったのは知人の結婚式二次会の景品でした。

何これ?と思い、隣の席の友人に「どうやって使うの?」と尋ねたところ「アマゾンだよ!」と言われただけでした。

もちろん、知らなかった私もいけないのかもしれませんでしたが、ほとんどネットショッピングをしたことがない自分にとっては出会う事がないものでした。

まったくインターネットを利用しての買い物をした事がない訳ではありませんが、ヤフーだったり楽天しか知りません。クレジットカードなども作ってなかったので利用頻度も低いほうだと思っております。

それから、一年くらいが経った頃に母への誕生日プレゼントを送ろうと価格ドットコムで調べていたところ送料も含め最安値がAmazonと出ていたのでサイトを確認していたところギフト券のことを思い出しこれで購入しようと方法を調べました。

アカウントに対して認証コードを入力する仕組みという事で行ってみたところ、なんと!有効期限が切れているということで無効となってしまったようです。

納得が出来ないと思って色々問い合わせをした所、「商品によって有効期限が設けられているということで期限内での利用をお願いします。」との返答でした。

正直、有効期限があるということ自体がギフト券にも記載はされておりませんし、貰った二次会でも説明はありませんでした。

皆さんも行こう期限切れという状態にならないように気をつけて公式サイトでご自身の有効期限を確認してっみたほうが良いですよ。

アカウントを取得得して認証コードを入力しないと期限が確認できないものもありますから非常に不便です。

早く改善される事を願っております。世界最大手のネットショップですからそのあたりは大丈夫だと思います。