ネットでamazonギフト券が安く売っていたら必ず確認して騙されないでほしい

アマゾンギフト券で買い物をしたり、アマゾンギフト券で換金しようと思ったときにギフト券専門の売買サイトやオークション、個人売買のサイトなどを利用したほうが良いなというのは誰しもが思うことだろう。
しかし、そんな心理を利用して騙してお金を取ろうと思っている人や業者も少なくはありません。
ですからそういったショッピングサイトを利用してamazonギフト券の売買を行うときは一層注意が必要となります。

例えばネットオークションなどでも破格の値段で販売されていることも珍しくはありません。しかし、そういった出品に入札を行うと跳ね上がったり、いざ入金してギフト券をアカウントに反映といったところでギフト券が残っていななど沢山の相談が実際にありました。
被害にあった場合は速やかにオークション窓口と最寄りの警察署まで連絡をすることが大切です。
特に、被害があった日時から時間がたてばたつほど解決には遠くなります。ましてや少額での被害などでは正直諦めるしかない場合もあります。
さらに警察署内でもインターネットでの被害対策と称して専門家を配備しているのですが、実際私も話しましたがあまり専門知識は無いようです。
全ての警察署とは言いませんが相当な知識がある人はサイバー対策課にでも行ってしまっていることでしょう。

アマゾンギフト券の買取などは専門の買取業者に注意するだけでなくギフト券の販売ルートなども注意が必要です。

買取サイトよりお得な場合もあるamazonギフト券取引所

amazonギフト券を売りたい人と買いたい人が、安全に個人売買するためのamazonギフト券取引所と呼ばれる仲介サイトがあります。

amazonギフト券取引所は、ネット上に多くあるので目的に合わせたサイトが探せます。

amazonギフト券取引所では、売り手と買い手の取引が成立するまで、サイト側がお金を留保するので、安心して個人売買ができます。

「ギフトレ」「ギフティッシュ」「あるじゃん!」などのサイトが有名ですが、買取サイトにギフト券を売るよりも高い換金率での売却が可能です。その気になればギフト券の額面の98%で取引できる場合もあります。

なぜそんな高い換金率で売却できるのかというと、売り手が出品価格を自由に設定できるからです。

ただ、あまり高く設定してしまうと、買い手がなかなか付かないので、その時の相場に注目して適度な価格を設定するのがコツです。

98%では売れるまで時間がかかることが多いですが、93%ぐらいなら出品すれば即買い手が付くでしょう。

また、ギフト券にも売れ線というものがあって、1万円分や2万円分なら買い手が多いですが、金額が大き過ぎたり、8000円など半端な額面だったりすると、売れるまで時間がかかります。こうしたコツを知って利用すれば、買取サイトよりお得にamazonギフト券を売買できるでしょう。

アマゾンギフト券の有効期限が切れちゃった

amazonギフト券を初めて知ったのは知人の結婚式二次会の景品でした。

何これ?と思い、隣の席の友人に「どうやって使うの?」と尋ねたところ「アマゾンだよ!」と言われただけでした。

もちろん、知らなかった私もいけないのかもしれませんでしたが、ほとんどネットショッピングをしたことがない自分にとっては出会う事がないものでした。

まったくインターネットを利用しての買い物をした事がない訳ではありませんが、ヤフーだったり楽天しか知りません。クレジットカードなども作ってなかったので利用頻度も低いほうだと思っております。

それから、一年くらいが経った頃に母への誕生日プレゼントを送ろうと価格ドットコムで調べていたところ送料も含め最安値がAmazonと出ていたのでサイトを確認していたところギフト券のことを思い出しこれで購入しようと方法を調べました。

アカウントに対して認証コードを入力する仕組みという事で行ってみたところ、なんと!有効期限が切れているということで無効となってしまったようです。

納得が出来ないと思って色々問い合わせをした所、「商品によって有効期限が設けられているということで期限内での利用をお願いします。」との返答でした。

正直、有効期限があるということ自体がギフト券にも記載はされておりませんし、貰った二次会でも説明はありませんでした。

皆さんも行こう期限切れという状態にならないように気をつけて公式サイトでご自身の有効期限を確認してっみたほうが良いですよ。

アカウントを取得得して認証コードを入力しないと期限が確認できないものもありますから非常に不便です。

早く改善される事を願っております。世界最大手のネットショップですからそのあたりは大丈夫だと思います。

買取サイトと個人売買仲介サイトでの売却手続きの違い

amazonギフト券の買取サイトは多数ありますが、基本的に買取から入金までの手続きはどこも同じようなものです。

まず、買取サイト内の申し込みフォームから、必要事項を記入し送信します。

サイトが申し込みを受け付けると、折り返し本人確認とamazonギフト券の内容確認のための連絡があります。
この連絡は、メールで行うところがほとんどですが、なかには電話連絡のところもあります。

電話の方が時間がかからないので、入金までのスピードが早いという利点があります。

ギフト券が額面通り使用できることが確認できれば、すぐに指定の銀行口座に買取額を振り込んでくれるでしょう。

早いところであれば、申し込みの当日中の振込みも可能です。

amazonギフト券を売買するための仲介サイトでは、買取サイトと手続きが異なります。

まず、どこのサイトも会員登録することが必須であり、それがなければ売ることも買うこともできません。
会員登録すれば、売りたいギフト券を出品することができます。

いつ入金されるかは、買い手が見つかるまでの時間にかかってくるので、買取サイトのように時間が読めないというデメリットがあります。

買取サイトより高い換金率での売却も可能ですが、スピードを重視するなら買取サイトを利用した方が早いでしょう。