amazonギフト券ってオークションで売ってるけど何で?

オークションやフリマアプリ系のサイトや個人間の売買代行などのネットショップなどで度々目にするのがamazonギフト券です。

amazonギフト券はそもそもamazon.co.jpでのみ利用できるギフト型商品券です。

amazon.co.jpとは日本だけでなく世界で展開しているインターネット型のショッピングサイトです。

ネットショップの中で売り上げ実績としてはほぼナンバーワンと言っても過言ではありません。

そのネットショップ所謂ECサイトで利用できるのがamazonギフト券です。

このamazon.co.jpではコマースショップとなっていますので欲しいものがほとんど見つかります。

専門店というわけではなく日本でいうところの楽天と似たようなイメージです。

商品の品揃えは他社に引けを取りません。

このamazonで買い物をしている人が増えていることもあり、オークションやアプリなどで売買されるケースが多くなっているようです。

実際「楽天」と「amazon」では売っている商品が同じでも値段が変わっていることも多々あります。

amazonだけに限らずネットショップの値段が変わっていることは珍しいことではなく、むしろ実店舗での価格競争は消費者の購買意欲を掻き立てる営業手段とも思えるほどです。

そのamazonギフト券の換金方法がオークションやフリマサイトというわけです。

オークションなどではギフト券の実際の価格の8割~9割くらいで取引されているようです。

10,000円なら販売価格は8,500円となるわけです。

もちろんオークションですからその限りではありませんがおおよそ似た金額での売買となっております。

ではなぜそのようなamazonギフト券が取引されているのでしょうか。

それは現金化といわれる方法でお金を手にしていることが多いです。

現金化とはクレジットカードなどでamazonギフト券を購入して購入したギフト券を販売して現金を手にしていると思われます。

もちろんクレジットカードで購入した金額がそのまま手に入るということはありませんが、通常ではありえないルートでお金が手に入ります。

これらは自分でできるamazonギフト券換金の方法です。

amazonギフト券の買取を専門として扱っている店舗などでも現金に換えることができるの時間が無かったり、急に必要になってしまったようでしたら利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す