アマゾンギフト券と商品券はどちらが換金するのに向いているか考えてみた

アマゾンギフト券と商品券というのはそもそもは同じようなものです。
買い物が出来る店舗やお店を限定し、その代わりにお得なサービスや割引を提供するという仕組みはどちらも換わりません。

ここでいう商品券というのはデパート・百貨店などの商品券と考えてすすめていきます。
まずは商品券からですが、商品券は種類も多く認知度もとても高いです。故に近所の金券ショップや質店などでも取り扱われている可能性が高く比較的簡単に現金に換えることが出来ると思います。
しかし、商品券の種類が豊富ゆえに使える店舗がそれぞれ違います。各店舗ともお客様の囲い込みも含めているため某百貨店などでは毎月の積み立てにより、1年で満期となり1割増の商品券が手に入るようなサービスを提供していることがあります。
何より驚くのは、500円の買い物をしたときに1000円分の商品券で買い物をしたとしましょう、お釣りが発生しますよね。店舗によっては現金でおつりをもらえるところもあるんです。
わざわざ金券ショップなどに出向いて現金化するよりも、必要なモノを買ってお釣りを現金にしてもらったほうが断然お得です。
但し、この場合デメリットとして利用できる店舗に行くというのが条件として加算されます。
例えば地方にお住まいであれば色々な商品券がありますが一番条件の良い商品券を購入して利用しようとしたときに、お店までの距離が遠く気軽にはいけない場合は逆に経費が掛かってしまうかもしれません。
そう考えるとインターネットを利用したアマゾンギフト券の方がお得なのでしょうか。

ではamazonギフト券の方ですが、比較的簡単に購入することが出来ます。
購入も実店舗によるものと、ネットを利用したデータ上でのギフト券と種類は豊富に用意されています。
しかし、アマゾンギフト券はamazon公式サイトでは決して現金に変わる事はありません。たとえ、おつりが出てしまう場合もネットショッピングですからギフト券として1円単位で残るようになっております。

では、このアマゾンギフト券を換金したいと買い取り店を探したときに自宅のそばにあることはほとんどありません。
ですからインターネットを利用して換金することが一般的です。
そうなると自宅にいながら自身の口座へ希望により即入金させることも出来ます。
そう考えると急いでいるのであればamazonギフト券買取のほうがおすすめですが、時間があるばあいは商品券のほうがお得かもしれませんね。

ネットでamazonギフト券が安く売っていたら必ず確認して騙されないでほしい

アマゾンギフト券で買い物をしたり、アマゾンギフト券で換金しようと思ったときにギフト券専門の売買サイトやオークション、個人売買のサイトなどを利用したほうが良いなというのは誰しもが思うことだろう。
しかし、そんな心理を利用して騙してお金を取ろうと思っている人や業者も少なくはありません。
ですからそういったショッピングサイトを利用してamazonギフト券の売買を行うときは一層注意が必要となります。

例えばネットオークションなどでも破格の値段で販売されていることも珍しくはありません。しかし、そういった出品に入札を行うと跳ね上がったり、いざ入金してギフト券をアカウントに反映といったところでギフト券が残っていななど沢山の相談が実際にありました。
被害にあった場合は速やかにオークション窓口と最寄りの警察署まで連絡をすることが大切です。
特に、被害があった日時から時間がたてばたつほど解決には遠くなります。ましてや少額での被害などでは正直諦めるしかない場合もあります。
さらに警察署内でもインターネットでの被害対策と称して専門家を配備しているのですが、実際私も話しましたがあまり専門知識は無いようです。
全ての警察署とは言いませんが相当な知識がある人はサイバー対策課にでも行ってしまっていることでしょう。

アマゾンギフト券の買取などは専門の買取業者に注意するだけでなくギフト券の販売ルートなども注意が必要です。

amazonギフト券買取サイトの比較では入金までのスピードに注目

amazonギフト券の買取サイトを選ぶ際は、換金率だけでなく、入金までのスピードも重要になります。

即日で現金が必要なのに、入金が翌日にずれ込んでしまうようでは、あまり利用価値のあるサイトとは言えません。

そのため、買取サイトを比較する際は入金までのスピードにも注目してください。

商品券でもライブのチケットでも、金券ショップでの買取なら、その場で査定してもらってすぐに現金を受け取ることが可能です。

しかし、amazonギフト券の買取サイトの場合、実店舗ではない以上、現金を受け取るまでにタイムラグが発生します。

また、amazonギフト券が有効かどうかは、そのギフト券番号をアカウントに登録してみなければわかりません。

そのため、買い取る側としても、そのギフト券が本当に額面通り使えるのか、使用済みのギフト券ではないか、ということの判断に慎重にならざるを得ないのです。

そのため、たとえ即日振込を謳っている買取サイトであっても、入金が翌営業日にずれ込むということがあり得るのです。

したがって、買取サイトを比較する時は、そのサイトの宣伝文句だけを鵜呑みにするのではなく、口コミなどで実際に利用した人の声も参考にして決めましょう。

買取サイトよりお得な場合もあるamazonギフト券取引所

amazonギフト券を売りたい人と買いたい人が、安全に個人売買するためのamazonギフト券取引所と呼ばれる仲介サイトがあります。

amazonギフト券取引所は、ネット上に多くあるので目的に合わせたサイトが探せます。

amazonギフト券取引所では、売り手と買い手の取引が成立するまで、サイト側がお金を留保するので、安心して個人売買ができます。

「ギフトレ」「ギフティッシュ」「あるじゃん!」などのサイトが有名ですが、買取サイトにギフト券を売るよりも高い換金率での売却が可能です。その気になればギフト券の額面の98%で取引できる場合もあります。

なぜそんな高い換金率で売却できるのかというと、売り手が出品価格を自由に設定できるからです。

ただ、あまり高く設定してしまうと、買い手がなかなか付かないので、その時の相場に注目して適度な価格を設定するのがコツです。

98%では売れるまで時間がかかることが多いですが、93%ぐらいなら出品すれば即買い手が付くでしょう。

また、ギフト券にも売れ線というものがあって、1万円分や2万円分なら買い手が多いですが、金額が大き過ぎたり、8000円など半端な額面だったりすると、売れるまで時間がかかります。こうしたコツを知って利用すれば、買取サイトよりお得にamazonギフト券を売買できるでしょう。

銀行でamazonギフト券を現金化できるのか?

amazonギフト券は銀行振り込みで購入できるのでしょうか?また、銀行で現金に換えてくれるのでしょうか?

amazonギフト券は銀行振り込みで購入できる?

amazonギフト券とは、amazon.jpでの買い物に使える、バーチャルなギフト券です。
ギフト券を使用するには、ギフトカードの裏面にあるギフト番号をamazon.jpのアカウントに入力すると、チャージされて買い物ができる、という仕組みになっています。
amazonギフト券の購入はコンビニか、あるいはクレジットカード決済でしか購入はできません。

基本的に、銀行振り込みではamazonギフト券は購入できません。amazonのアカウントサービスの中にある、支払情報を見てamazonギフト券購入という部分から購入しましょう。

銀行で現金に交換できる?

amazonギフト券には有効期限があります。

それで、期限内に使えない場合、あるいはすぐに現金が必要になった場合などに手持ちのamazonギフト券を買取してもらいたいと思うでしょう。
amazonギフト券は、図書券や商品券と同じで、そのまま現金にすることはできません。金券ショップ、ネットショップなどで買取ってもらいましょう。銀行で現金に換金できると思っている人がいるようですが、直接現金に変えることはできません。金券ショップやネットショップで買い取ってもらう必要があります。

買取サイトを選ぶ時には手数料に注意

amazonギフト券の買取サイトは数多くありますが、そのなかには、クレジットカード現金化業から移行してきた業者が運営するサイトも少なくありません。

クレジットカードの現金化というと、法的にもグレーな部分が多く、悪徳業者が跋扈しているイメージもあるので、「そんな業者が運営する買取サイトを安心して使えるのだろうか」と不安に思われる方も多いことでしょう。

実際は、ほとんどの買取サイトが問題なくamazonギフト券を換金してくれます。
ただ、なかには高い換金率を示しながら、手数料という名目でギフト券の金額の数%を請求するようなところもあります。

「せっかく換金率の高さで選んだのに、実質的には平均以下の換金率だった」という声もよく聞かれるので、買取サイトの利用の際は、手数料までよく確認することを忘れないでください。

amazonギフト券の買取サイトは、クレジットカードの現金化のように、クレジット決済の手数料や送料、消費税などが不要なので、高い換金率で買取が可能なサービスです。

ただ、それでも100%近い数字を示すような異様に高い換金率のサイトには注意が必要です。100%近い換金率では買取業者は利益を得られないですから、現実的に不可能な数字のはずです。そのことを見越したうえで、適度な換金率の買取サイトを選ぶようにしましょう。

アマゾンギフト券の有効期限が切れちゃった

amazonギフト券を初めて知ったのは知人の結婚式二次会の景品でした。

何これ?と思い、隣の席の友人に「どうやって使うの?」と尋ねたところ「アマゾンだよ!」と言われただけでした。

もちろん、知らなかった私もいけないのかもしれませんでしたが、ほとんどネットショッピングをしたことがない自分にとっては出会う事がないものでした。

まったくインターネットを利用しての買い物をした事がない訳ではありませんが、ヤフーだったり楽天しか知りません。クレジットカードなども作ってなかったので利用頻度も低いほうだと思っております。

それから、一年くらいが経った頃に母への誕生日プレゼントを送ろうと価格ドットコムで調べていたところ送料も含め最安値がAmazonと出ていたのでサイトを確認していたところギフト券のことを思い出しこれで購入しようと方法を調べました。

アカウントに対して認証コードを入力する仕組みという事で行ってみたところ、なんと!有効期限が切れているということで無効となってしまったようです。

納得が出来ないと思って色々問い合わせをした所、「商品によって有効期限が設けられているということで期限内での利用をお願いします。」との返答でした。

正直、有効期限があるということ自体がギフト券にも記載はされておりませんし、貰った二次会でも説明はありませんでした。

皆さんも行こう期限切れという状態にならないように気をつけて公式サイトでご自身の有効期限を確認してっみたほうが良いですよ。

アカウントを取得得して認証コードを入力しないと期限が確認できないものもありますから非常に不便です。

早く改善される事を願っております。世界最大手のネットショップですからそのあたりは大丈夫だと思います。

解説!amazonギフト券を換金する方法

amazonギフト券を換金できるのでしょうか?換金方法や換金率について解説します。

換金はOK?

利用するつもりで購入したけど、使う機会がないまま有効期限が切れてしまう、そんなamazonギフト券はありませんか?

不要なamazonギフト券は換金できるのでしょうか?amazonギフト券は商品券と同じ金券です。

amazonギフト券買取業者を使えば換金できます。専門の買取業者の多くは古物商を所有し、公安委員会許可をうたっているところがほとんどです。

中にはギフトコードを送信したものの代金を入金しないといった悪質な業者もいるので、無許可の買取業者を利用するのは避けたほうが良いでしょう。

買取業者を利用する際の注意点

年々買取業者の数は増え続けています。

なかにはお金を振り込まないと言った詐欺業者もいますので、買取業者を選ぶ際には注意が必要です。

そこで、業者の良し悪しを判断したいなら口コミサイトなどを活用しましょう。

ですが、比較サイトの中には自作自演のものもありますから、複数のサイトを比較してみてみるのがよいでしょう。

最終的に決めるのは自分ですから、最低限、古物営業法に基づく表記があるか確認してから利用しましょう。

買取サイトと個人売買仲介サイトでの売却手続きの違い

amazonギフト券の買取サイトは多数ありますが、基本的に買取から入金までの手続きはどこも同じようなものです。

まず、買取サイト内の申し込みフォームから、必要事項を記入し送信します。

サイトが申し込みを受け付けると、折り返し本人確認とamazonギフト券の内容確認のための連絡があります。
この連絡は、メールで行うところがほとんどですが、なかには電話連絡のところもあります。

電話の方が時間がかからないので、入金までのスピードが早いという利点があります。

ギフト券が額面通り使用できることが確認できれば、すぐに指定の銀行口座に買取額を振り込んでくれるでしょう。

早いところであれば、申し込みの当日中の振込みも可能です。

amazonギフト券を売買するための仲介サイトでは、買取サイトと手続きが異なります。

まず、どこのサイトも会員登録することが必須であり、それがなければ売ることも買うこともできません。
会員登録すれば、売りたいギフト券を出品することができます。

いつ入金されるかは、買い手が見つかるまでの時間にかかってくるので、買取サイトのように時間が読めないというデメリットがあります。

買取サイトより高い換金率での売却も可能ですが、スピードを重視するなら買取サイトを利用した方が早いでしょう。